101586

税金の支払いを減額できる!保険料控除とは、一体どんなものでしょうか。生命保険料控除とは、その年の所得から支払った保険料の一部が差引かれることにより、所得税と住民税が安くなる!という嬉しい制度。それでは、生命保険料控除の対象となるのはどんな保険でしょうか。それには、「一般生命保険料」、「個人年金保険料」、「介護医療保険料」があります。また、生命保険料控除の対象となる保険の保険料支払期間はどのくらいでしょうか。それは、その年の1月1日から12月31日までに払い込んだ保険料が対象となります。こうした税金を控除する対策を知っておくことで、賢く支払う税金を減らすことができます。

税金対策に 知っておきたい生命保険料の控除制度

生命保険料控除を受けるための手続き【会社員編】  税金対策のために生命保険料控除という制度を活用しない手はありません。これは所得税、住民税を納めている人が一定の生命保険や個人年金、介護などの保険料を支払った場合に、所得税や住民税の控除が受けられるというもので、所得税は「一般用」「介護医療用」「個人年金用」の保険料控除の対象になる金額は、それぞれ最高四万円です。住民税については最大2万8,000円の控除が受けられます。 「会社員でも保険料控除証明書を書く必要はあるの?」 団体扱いで加入している場合を除いては、自分で申告しなければ、民間の生命保険料や地震保険料などの所得控除額は考慮されませんので、手続きが必要です。「保険料控除証明書を書く前の準備とは?」 毎年、年末調整の書類提出が近づいてくると、加入している保険会社から生命保険料控除証明書が郵送されてきますので、大切に保管しておきましょう。給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書が勤務先より配布されましたら、この証明書を添付して提出します。これらの手続きをしっかり行って、払いすぎた税金の還付を受けましょう。

確定申告で税金から個人年金保険料控除を受ける方法

税金は所得から差し引いて納めていますが、毎年1月1日から12月31日までに支払った個人年金保険料は生命保険料控除の対象になり、会社員であれば納めた税金から年末調整で控除を受けますが、受けられなかった場合は確定申告で手続きを行う事が出来ます。 しかし個人年金保険であればどんなものでも個人年金保険料控除の対象になる訳では無く、個人年金保険料税制適格特約が付けられている保険に限られています。 この特約を付けるには条件があり、年金受取人の名義は契約者本人または配偶者のどちらかである事也、年金受取人は被保険者と同一人である事、一時払いをした年金保険は対象外になりますが、保険料払込期間は10年以上である事になります。 個人年金保険料控除を申告出来る期間は原則2月16日から3月15日までで、確定申告に必要な物は、確定申告書A第一表・第二表、源泉徴収票、生命保険料控除証明書、印鑑です。 申告書の書き方は確定申告の手引を参考にして行い、提出方法は、税務署に直接持って行くか郵送、臨時で設けられた還付申告センターなどに持って行く方法や、インターネットを使って申告する方法があります。